職業別〜他社借入OKの消費者金融をズバリ

消費者金融の借入件数は各職業によって異なる?

消費者金融借入できる件数は、色々な要素ありますが就いている職業に比例します。

 

 

例えば、弁護士や医者、公務員であれば当然ですが借入件数が多くても借りれますし、逆にフリーターや水商売の場合は借入件数が少なくなるのは当たり前です。

 

 

消費者金融の借入できる件数は「収入の高さ+職業の安定度」に比例します。

 

 

 

消費者金融の貸金業では「総量規制」という法律が制定されました。

 

この総量規制とは「消費者金融などの個人ローンでは年収の3分の1を越える借金ができない」という法律です。

 

 

 

つまり、『消費者金融で借りれる借金上限額は、お客の年収で決まってしまう』・・・ということです。

 

 

 

だから年収が多ければ多いほど消費者金融で多く借りれるということです。

 

 

 

 

たとえば、年収1000万円の弁護士が消費者金融でお金を借りる場合、総量規制に当てはめると・・・年収の3分の1である300万円が借りれる上限ということになります

 

 

一方で、年収200万円のフリーターが消費者金融でお金を借りる場合、総量規制に当てはめると・・・・年収の3分の1である60万円が借りれる上限ということになります。

 

 

 

 

以前は年収が少ないフリーターの人でも年収の3分の1以上楽勝で借りれた時代がありました。

 

しかし、消費者金融会社の競争が激化しお客に対する過度な貸付が多重債務問題を起こし社会問題となりました。

 

 

そんな経緯もあって「年収3分の1まで」という総量規制の法律が制定されたわけです。

 

 

 

また、消費者金融会社は審査時にお客の年収の高さだけでなく、「仕事の安定性」も重要視します。

 

だから、いくら収入が高くても毎月の収入が不安定だと消費者金融はお金を貸しませんし、審査すら通さない場合もあります。

 

 

 

水商売の人が良い例です。

 

水商売は一般的に高収入ですが仕事が長続きする人がいないので長い目で見ると収入が不安定です。

 

 

 

だから消費者金融も水商売にはあまりお金を貸したがりません。

 

 

 

以上のように、消費者金融の借入件数や借入金額は各職業によって異なります。

 

 

「収入の高さ+職業の安定性」がもっとも大事で、収入が高くて職業が安定した人であれば、総量規制の範囲(年収の3分の1以内)で借入件数や借入額も多く借りれるのが消費者金融です。

職業別〜他社借入OKの消費者金融記事一覧

公務員は消費者金融で他社借入何件まで借りれるか?

公務員は消費者金融会社にとっては良いお客さんです。なぜ良いお客さんなのかと言いますと、、公務員の収入安定性が抜群だからです。また公務員は一度職に就くと定年まで働く人が多い。そして年功序列で年収が確実に上がっていきますボーナスや退職金もガッツリもらえます。福利厚生もしっかりしているのが公務員また、公務...

≫続きを読む