他社借入2件でも借りれる消費者金融の一覧

他社借入2件でも審査がご折る!お金が借りれる消費者金融は?

消費者金融の審査においては「他社借入件数」が少なければ少ないほど有利であります。

 

 

出来れば他社借入0件が一番の理想です。

 

過去に事故歴が無くて、収入が安定していて、他社借入0件であれば消費者金融ではまず借りれます。

 

 

しかし他社借入が2件となると少し話は違ってきます。

 

他社借入2件をほかの消費者金融から借りている場合は「審査が通る人」と「審査が通らない人」に分かれます。

 

 

なぜなら消費者金融会社も既に2件借りている客で3件目の融資となると「貸し倒れリスク」や「延滞リスク」が増す客だと判断することが多いからです。

 

 

収入が低い人や仕事がアルバイトや派遣、パートなどの人だと他社借入2件ある場合、審査が通らないケースが多くなってきます。

 

また正社員として働いている人でも毎月の収入が少ない人だと、他社2件あると審査に落ちる場合もあります。

 

 

 

そして何といっても無視できないのが「総量規制」の問題です。

 

ご存知、消費者金融会社は「総量規制」という法律を守らなけれなりません。

 

 

 

総量規制は「消費者金融業者などの貸金業者は客の年収の3分の1を超える融資をしてはいけない」という法律です。

 

だから、既に他社で2件借りている人が、借金総額が年収の3分の1を超えている場合は、新規の融資は出来ません。

 

 

他社借入2件で審査に落ちる人で一番多いケースは、この「総量規制」に抵触している人です。

 

 

あなたがもし、他社借入2件あって更に別の消費者から新規でお金を借りたい場合、現在の年収の何割借金を持っているのかを計算した上で申し込んだ方が良いです。

 

既に年収の3分の1を超える借金を他社の消費者金融から借りている場合は残念ながら、それ以上借りることは出来ません。

 

 

 

逆に、他社借入2件ある方でも年収の3分の1に満たない借金額であれば、年収の3分の1までは借りれる余地は十分にあると言う事です。

 

関連ページ

他社借入1件でも借りれる消費者金融は?
消費者金融では他社借入が多ければ多いほど審査が不利ですが1件程度ならば2件目もOKか?