状況別〜他社借入可能の消費者金融の一覧

借り手のそれぞれの状況によって借りれる件数も異なる

消費者金融は基本的に審査は緩いのが普通です。

 

 

だから普通に働いていて毎月安定収入がある方ならば多少の他社借入があっても新規の融資が可能です。

 

 

大手の消費者金融は他社4件位まではOKです

 

銀行系消費者金融や銀行カードローンもまた然り。

 

 

中堅、中小の消費者金融であれば他社借入5件以上でも借りれることもあります。

 

勿論、総量規制という法律があるので年収の3分の1以内の範囲ではありますが・・・。

 

 

 

さて、そんな他のローンに比べて審査が緩く、他社借入ローンの件数にも寛大な消費者金融でも借り手によって借入件数はかなり違ってきます。

 

 

 

消費者金融会社にも色々な業者がありますが、それを利用する借りても色々なタイプの人間がいます。

 

 

過去に金融事故や延滞が一度も無いいわゆる「ホワイト」な人もいれば過去に何度も延滞していたり、自己破産をしていたり、債務整理をしていたりするいわゆる「ブラックリスト」な人もいます。

 

 

消費者金融に限らず他のローンでも同様ですが、当然のことながら前者の「ホワイト」の人の方が他社借入件数が多く借りれます。

 

 

そして破産や債務整理、延滞などしているブラッキーな人は新規の借入は不利となります。

 

なぜなら個人信用情報機関に、それぞれの借り手の借入件数や延滞状況、過去の破産歴や債務整理歴などしっかり記録されており、消費者金融会社はそれを参考に審査を行うからです。

 

 

過去に延滞歴、破産歴、債務整理歴を隠していても消費者金融にはバレてしまいます。

 

 

従って過去に破産歴や債務整理歴等のブラックリストがある人は一体何件くらいまで借りれるでしょうか?

 

 

また住宅ローンがある人は消費者金融では何件位借りれるか?

 

 

更に、勤続年数が1年未満の人は他社借入何件までOKか?

 

 

 

そして破産者や債務整理者などブラックリスト者で借入件数がある人でも審査が寛大な消費者金融は一体どこか?

 

当カテゴリーではその点を掘り下げて解説しております。

状況別〜他社借入可能の消費者金融記事一覧

ブラックリストで他社借入ある人でも借りれる消費者金融

ブラックリストになると消費者金融で審査が通りにくくなり融資が受けられにくくなります。またブラックリストで尚且つ他社借入がある人は更に融資が不利となります。通常はこの状態になると消費者金融の融資は諦めた方が良いのですが、なかには激甘審査の消費者金融会社もあります。またブラックリストで他社借入がある人で...

≫続きを読む